紫米って?徹底解説!

白馬紫米とは?
白馬村青鬼地区で栽培されている古代米です。
2種類の紫米を栽培していて「南京香稲」(なんきんこうとう)と「朝紫」(あさむらさき)です。
南京香稲の特徴は、長粒米で成熟すると脱粒するもち米です。
刈取り時期が非常に難しく、稲も背が高く茎や葉も黒くなり、ちょっとした風でも倒れやすくなります。